← カリキュラム一覧へ

2019年度秋期 起業家養成講座II 1

本科目は、Grobal education centerの実践型教育プログラム「ビジネス・クリエーションコース」の対象科目です。


講義概要

 早稲田大学校友等起業家有志の協力により実施する起業家志望の学生を対象とした講座で起業家養成講座Iの応用講座です。講義を通じて、事業立案、資金調達、マーケティング、事業運営、IT戦略等、起業に必要な知識の基礎を学ぶ事を目的とします。
 具体的には、講義の約半分を担当教員とビジネススクール教員らによる基本知識の教授、残り半分を本学OBの起業家・経営者をゲストスピーカーとして招いた講演によるケース提示とします。
 講座と教科書を通じて複数回のレポートを課します。大きなレポートが1回、小さなレポートを適宜課します。例年大教室で開催されていますが、発言の機会を設けインタラクションできるような講座とします。
 詳細はオリエンテーション時および授業内で提示します。 なお、授業の順番については教員の予定により変更の可能性がありますが、ご了承ください。

講義の到達目標

・学ぶ姿勢を身に着ける
・しっかりと自分の意見を言えるようにする
・建設的でありながらも批判的な精神で議論に参加できるうようになる
・起業に必要な知識な応用知識を修得する

担当教員

  • 井上 達彦
  • 村元 康

ゲスト

  • 村上 太一  (株式会社リブセンス 代表取締役)
  • 舛田 淳   (LINE株式会社 取締役CSMO)
  • 古川 健介  (株式会社アル 代表取締役)
  • 中川 綾太郎 (newn 代表)
  • 両角 将太  (F Ventures 代表)
  • 佐藤 航陽  (株式会社 メタップス)
  • 松山 太河  (East Ventures パートナー)
  • 古川 健介  (Supership株式会社 取締役)
  • 中川 綾太郎 (株式会社ペロリ 創業者)
  • 木下 慶彦   (Skyland Ventures CEO・パートナー)
  • 宇佐美 進典  (CARTA HOLDINGS 代表取締役会長)
  • 西條 晋一  (X Tech株式会社 代表取締役CEO)
  • 伊藤 将雄  (株式会社ユーザーローカル 代表取締役)
  • 大冨 智弘  (株式会社ティルス 代表取締役)
  • 山田 進太郎 (株式会社メルカリ 代表取締役会長)
  • 林 隆弘   (HEROZ株式会社 代表取締役)
  • 今林 広樹  (EAGLYS株式会社 代表取締役社長)
  • 須田 仁之  (有限会社スダックス 代表取締役)
  • 西條 晋一  (X TECH株式会社 代表取締役CEO)
  • 工藤 元   (グローバルエデュケーションセンター 非常勤講師)

講義日程

日時タイトル担当教員/ゲスト
第1回10月1日(火)ガイダンスと授業を受けるにあたっての心構え井上 達彦
村元 康
第2回10月8日(火)担当教員による講義①事業創造サイクル井上 達彦
村元 康
第3回10月15日(火)担当教員による講義②逆転の発想井上 達彦
村元 康
第4回10月29日(火)担当教員による講義③模倣の発想井上 達彦
村元 康
第5回11月5日(火)商学部デー(自宅学習)レポート自宅学習
第6回11月12日(火)校友等起業家有志の講演①若者向けサービス古川 健介
中川 綾太郎
木下 慶彦
第7回11月19日(火)校友等起業家有志の講演②メディア・広告関連サービス宇佐美 進展
松山 太河
両角 翔太
第8回11月26日(火)校友等起業家有志の講演③仮想通貨・決済・金融サービス佐藤 航陽
大冨 智弘
第9回12月3日(火)校友等起業家有志の講演④AIを活用したサービス伊藤 将雄
林 隆弘
今林 広樹
第10回12月10日(火)校友等起業家有志の講演⑤既存産業を代替するテクノロジーサービス西條 晋一
須田 仁之
第11回12月17日(火)校友等起業家有志の講演⑥メルカリとリブセンス山田 進太郎
村上 太一
第12回1月7日(火)校友等起業家有志の講演④ホワイトスペース(予定)井上 達彦
工藤 元
第13回1月14日(火)本学教員による講義⑤アナロジー(予定)井上 達彦
工藤 元
第14回1月21日(火)本学教員による講義⑥好循環サイクル(予定)井上 達彦
工藤 元
第15回1月28日(火)本学教員による講義⑦総括(予定)井上 達彦
工藤 元

使用教室

11-501

参考文献

井上達彦『ビジネスモデル』東洋経済
村元康 『メガベンチャーズイノベーション』千倉書房

成績評価方法

レポート60%レポート評価します。
平常点評価10%積極的に参加する意欲をカウントします。
授業中に携帯をいじるようなことがあれば、出席ポイントをマイナスしていきます。睡眠も謹んでください。
その他30% 授業中の発言をカウントします。
発言の機会をできるだけたくさん設けるので積極的に参加してください。発言できなければ単位の取得も危うくなる配点としています。

シラバス

受講申込み方法

受講を希望される方は、以下の申込方法にて履修申請をお願いいたします。

◆早稲田大学 学生の方 
⇒ 本科目は早稲田大学Global Education Center の正規科目です。
Global Education Centerの「科目登録ガイド」をよく確認し、My WASEDAからWEB申請を行ってください。


TOP

個人情報保護方針

 早稲田大学博士キャリアセンターは、早稲田大学の情報セキュリティ・個人情報保護への取り組みに依拠し、早稲田大学「個人情報の取り扱いに関する規則並びに早稲田大学情報セキュリティポリシーを遵守します。