早稲田大学 博士キャリアセンター メンバー登録
← カリキュラム一覧へ

イノベーション教育プログラム
ビジネスクリエーションコース

2018年度春期 イノベーション・プラクティス

講義概要

不確実性の高まるビジネス環境の中、新たな価値(イノベーション)を生み出す経営手法の重要性が高まっている。マーケティングの学術体系においても、2004年Stephen L. VargoとRobert F. Luschによって発表された「サービスドミナント・ロジック」に代表されるように、流通することのできる「もの」から、体験や利用することで表出する価値に重きをおく「サービス」へと力点が変化し、UXデザインやデザイン思考など新たなアプローチが開発されている。

今後、ビッグデータやそれを原動力として成長する人工知能による革新が進む時代において、あらゆるものがつながり、全体をサービスとして捉え直すことの重要性は一層増す。また、人間を中心においた「体験の価値」を起点に、事業を創造する思考へと視座を変えることが急務である。

この授業では、体験価値を中心に新規事業を設計するプロセスを、理論と実践を対にしながら学んでもらう。具体的には、日本で数少ないクリエイティブ・エージェンシーとして、年間200件以上のプロジェクトを手がけ、企業や行政の価値発見や事業創造を支援しているロフトワークでの実践を踏まえ、サービスの立上げから実装までの全体を通じて、有効な手法やプロセスを実行、検証する。受講者は、主体的にプロジェクトを実践しながら、現代のマーケティング活動に求められるプリンシプルを学べるコースとなっている。

講義の到達目標

リサーチ、体験のデザイン、デザイン思考、アイディア統合のためのKJ法といった手法について、プロジェクトを通して実践することにより、新規事業創造のプロセスを理解する。

担当教員

  • 林 千晶   (グローバルエデュケーションセンター 非常勤講師)
  • 恩藏 直人  (商学学術院教授)

講義日程

水2時限 >
タイトル
第1回【イントロダクション】
-コース内容のオリエンテーション
-チームビルディング
第2回【探検する】
-コース内容のオリエンテーション
-チームビルディング
第3回【探検する】
-ゲストによるトーク
- テーマ設定のワークショップ
第4回【発想する】
-レクチャー(カスタマージャーニー等)
第5回【発想する】
-統合ワークショップ
第6回【実装する】
-プロトタイプの設計
-レクチャー(MVP、リーンスタートアップ手法)
第7回【実装する】
- プロトタイプの実装
第8回【最終プレゼンテーション】
-設定したテーマについて各自発表する

使用教室

7-203

参考文献

川喜田二郎「発想法」

成績評価方法

レポート40%最終プレゼンテーションの内容をもとに評価します。
平常点評価60%毎回、宿題や授業中のワークやディスカッションがあり、そこでの参加度合いを評価します。

シラバス

受講申込み方法

受講を希望される方は、以下の申込方法にて履修申請をお願いいたします。

◆早稲田大学 学生の方 
⇒ My WASEDAより科目登録スケジュールに沿ってWEB申請を行ってください。

◆早稲田大学 ポスドクの方 ※単位付与対象外です。
⇒ こちらよりWEB申請を行ってください。

D-DATaプログラム(データ関連人材育成プログラム)受講希望者の方は、次の通りD-DATaプログラム専用のアプリケーションフォームよりお申込みください。

◆早稲田大学 学生の方 
⇒ My WASEDAより科目登録 + D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

◆その他(他大学性・ポスドク・社会人)
⇒ D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

TOP

個人情報保護方針

 早稲田大学博士キャリアセンターは、早稲田大学の情報セキュリティ・個人情報保護への取り組みに依拠し、早稲田大学「個人情報の取り扱いに関する規則並びに早稲田大学情報セキュリティポリシーを遵守します。